読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の歪み、人との繋がり−「しゃぼん玉」

 

しゃぼん玉 (新潮文庫)

しゃぼん玉 (新潮文庫)

 

 

今回紹介するのは、乃南アサの「しゃぼん玉」です。

 

本書は、「人の心の歪みと、その歪みの修正」をテーマとし、人の暖かさを知ることにより人生のやり直しを決意する少年の物語です。

 

ざっくりとしたあらすじ

 

通り魔や強盗を繰り返してきた伊豆見翔人は、ある日強盗の途中で人を刺してしまう。そのため逃亡を行い、その途中で宮崎県の椎葉村に迷い込んでしまう。そこで怪我をした老婆であるスマを助け、そのことがキッカケで椎葉村に居候することになる。最初は人の愛が知らぬが故に歪んでいた翔人の心は村人と接するに連れて徐々に変化していく…

 

題材や物語の結末は結構ありきたりですが、特筆すべきは、翔人の感情の変化が詳細に描かれていることです。

 

村人たちの優しさに触れ何度も心の歪みが直りそうでしたが、それを自分で抑えてしまう。青年期にはありがちな自己否定。それをうまく表現しています。

 

 何故、翔人の心は歪み始めたのでしょうか。

 

原因無くして結果は生まれません。

人間は何かしら外部から影響を受けて 、変化します。

 

何を持って「心が歪んでいる」と定義するかは難しいところですが、一般的に

・非道徳的で非人道的な行為を平気で出来る人

のことを「心が歪んでいる」というのではないでしょうか。

 

主人公の翔人の場合、家族関係が原因で心が歪み始めました。

まあ人との繋がりですね。

 

 岩井俊二監督の映画作品である

リリイ・シュシュのすべて

では、主人公である蓮見雄一の友人である星野修介は、沖縄の自然に触れて突如暴力的になります。

 

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

 

 

きっかけは人それぞれですね。

 

2017年の春には映画化もされます。主役として抜擢されてのは、映画「バッテリー」などで主役を演じた「林遣都」さんです。芸人のピース又吉原作の「花火」にも出演していますね。

 

個人的には「菅田将暉」さんに演じて欲しかったですね。なんとなく、主人公の「伊豆見翔人」とイメージが重なり、はまり役ではないかと思ったためです。(私だけでしょうか…笑)

 

皆さんは自分の心は歪んでいると思いますか。

私は捻くれ者なので、半分ぐらい歪んでいるかもしれません。笑